2018年の備忘録として:ワールドサッカー編

想像以上にすごいものに出会った時、人は思わず笑ってしまうと思う。美味しいものを食べた時や、着心地の良い服に出会った時とか。それと同じことをサッカーで見せてくれたのがW杯ロシア大会のキリアン・ムバッペ。過去にも思わず笑ってしまうような凄いプレーを見せてくれる選手はもちろんいたけど、この選手は完全にニュータイプ。身体能力が違うなんていう使い古されたフレーズでは到底表現が出来ない、うそみたいな異次元のスピードでピッチを制圧する。まだ19歳。末恐ろしいどころではないスーパースターの誕生です。

同じくW杯でチームを準優勝に導いたモドリッチは長らく続いたメッシとクリスティアーノによるバロンドールの独占にとうとう終止符を打ったけど、受賞時のコメントがまたかっこよい。「過去10年は規格外の選手がこの賞を独占していた。その間も本来ならバドンロールを獲れたはずの選手はいた。それはシャビだったりイニエスタだったり、あるいはスナイデルもそうだった。だがそれは実現しなかった。」皮肉ではなく偉大なMFへのリスペクトが溢れていて、ピッチでのプレー同様に胸を打たれてしまう。

そのイニエスタはまさかの神戸へ移籍。まさかはまだまだ続き、リージョが監督に就任し、次シーズンからはビジャまで加入。そこにポドルスキまでいて来季はこの3人で3トップを組むとか。信じられないことが普通に起こる時代がJリーグにも来ました。三木谷さん、DAZNさん、ありがとうございます。

ヨーロッパではレアルがチャンピオンズリーグを3連覇したと思ったらジダンが突然退任してクリスティアーノはユーベヘ電撃移籍。モウリーニョは3年目でお約束の解任に追い込まれてしまい、UEFAネーションズリーグなるよくわからない大会も始まった。

まだまだ書ききれない事たくさんのワールドサッカーは、もう趣味とか好きとか越えてライフワークです。

f:id:hynm_ohshima:20181228143850p:plain

 

Instagramはこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

Twitterはこちらから。 / oshima takayuki twitter