読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Paul Gascoigne

当時の僕が知っているイギリス紳士のイメージとは180°違った。

どこか儚げな危なさを漂わせながらも感情的で天才的なプレーを披露する。

一目で天才とわかると同時に、一目でトラブルメーカー(素行の悪さ)ともわかってしまう。

でもこういう刹那的な選手に惹かれてしまうのは、きっと自分だけではないはずだ。

f:id:hynm_ohshima:20151207130703j:plain