ウズベキスタン戦にまつわるエトセトラ

東京スタジアムで行われたハリルホジッチ監督の2戦目。

目指すべき理想的なスタイルはモウリーニョが3冠を達成した時のインテルか。縦に速いサッカーと言っても決して縦ポンのガチムチ系ではなく、技術の高い選手を使ってボールを足元で繋いでいく速い攻撃(カウンター)。今まで継続してきた「繋ぐ」を活かしながらも、タッチ数を減らしてゴールに向かうモダンなサッカー。技術の高い選手で行う速い攻撃のかたち。今回の2連戦でハリルホジッチが目指しているサッカーの片鱗が見えてきたような気がする。

宇佐美・柴崎・宮市のプラチナ世代ドルトムント丸岡、忘れちゃいけない柿谷。6月から始まるW杯アジア予選もサバイバル必至。久しぶりに楽しませてもらえそうだ。

f:id:hynm_ohshima:20150401124254j:plain