イラク戦にまつわるエトセトラ

1-0はスコア上で見れば辛勝だが、この日の日本の勝利には余裕が漂っていた。ギリギリの勝利では無くて、難敵イラクをいなして勝利を収めたような印象すら残った。その要因の1つとして挙げられるのが遠藤→今野の選手交代である。

時間帯、気候、試合展開を見極めタイプの違う両選手を入れ替える戦術的交代を行うことでチームに安定感と落ち着き、そしてこの後の試合の方向性を示した。そしてそれが見事に当たった。今野もチームも機能した。この選手交代だけを見てもアギーレの手腕の片鱗が見える様に思える。練習から継続してこのようなことを想定しているのだろう。

主力がこれだけ長い時間同じメンバーでプレーし、このレベルの監督が就任している今回の日本代表は強い。油断は出来ないが、よほどのトラブルが起きない限りかなり高い確率で決勝までは進むと考えられる。期待したい。

主力の高齢化問題に着手するのはアジアカップ以降。そして同時に監督問題が発生するのだろうね...

f:id:hynm_ohshima:20150119124746j:plain