読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリア戦にまつわるエトセトラ

アギーレジャパン2連勝! なんてはしゃいでいる場合ではない。前半の劣勢を選手交代と戦術変更で後半は逆転したなどとはしゃいでいる場合でもない。たしかにザッケローニにはない能力を披露したしワクワクもしてしまったが、そうは言ってもそこは親善試合。うーん... しかしサッカー協会はアジアカップをどう捉えているのかがますます不透明だ。目標設定も無いようだし、アギーレよりも協会の方向性がぶれてしまっているように思えてならない。

試合の方はMOMにも選ばれた今野がとてもよかった。今まで代表では本職のボランチで出場する機会がほとんどなかったが、今日のプレーはもっと見てみたいと期待を抱かせてもらえた。それから酒井高徳。ガツガツしていていい。キレてる。彼もこれからに期待が持てるパフォーマンスだった。ひょっとすると長友の牙城を崩す存在になるかもしれない。

親善試合6試合をこなし、いよいよ年明けはアジアカップ。結果はどうあれきちっとした方向性を示して欲しい。あくまで結果は2018年であって欲しい。

f:id:hynm_ohshima:20141119190744j:plain