読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャマイカ戦にまつわるエトセトラ

本田はやっぱり役者が違う。フィニッシャーと崩しの中心としての2役を前後半で演じ分けていた。主役としての主張を始めている岡崎はその実力を披露したし、柴崎は中盤のオーガナイザーとしての役割に目処が立ってきた。細貝はアンカーとしての経験が頭一つ抜けている。ピンチらしいピンチはほとんど無かったけど塩谷は対人の強さを示したし縦への意識も強かった。西川は足下の技術の高さを披露し、高徳も積極的に仕掛けた。香川も本田が左サイドに回ってからは長友と3人で絡み崩しの中心を担っていた。

戦術的な意図も見えてきたけどあくまで親善試合。大きなミスも見られたが、結果に対してあーだこーだ言うのは止めにして、アジアカップへの布石としていろいろとテストしていただきたい。次のブラジル戦は現状のベストで臨むにしても、できれば次の親善試合とアジアカップJリーグ所属選手で編成してチャレンジして欲しい。まだまだ新しい可能性がありそうで期待できます。

f:id:hynm_ohshima:20141012191349j:plain