読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベネズエラ戦にまつわるエトセトラ

選手の適正に合わせて戦術を決める監督と、戦術に選手をはめていく監督がいる。アギーレ監督は「私は選手の適正に合わせて戦術を決める」とコメントしているが、最初の2戦に限っては戦術に選手をはめて選手の適正をテストしている様だった。きっとしばらくはこの感じで、香川、長谷部、原口、ハーフナー、米本、あたりには出場機会が与えられるだろう。アジアカップまでには方向性が見えて来るのではないのか。

そんな中でも本田にどんな役割を託すのかに注目している。個人的にはフィニッシャーの役割を担って、チームに怖さとどん欲さ(もちろん得点も)を与えて欲しいと思っているが、果たしてどんな組み合わせ、フォーメーションに落ち着くのか。多くの親善試合で試して欲しいが、アウェイ開催を増やしてヨーロッパ組選手の負担を減らして欲しい。

f:id:hynm_ohshima:20140913125242j:plain