semifinal-2

前日の衝撃的な試合から一夜明けもう一つの準決勝は、得点が入らなくても面白い試合があることを証明するような緊張感あふれる展開。

アタッカー陣に強力な選手がいる両チームは守備に難ありと見ていたが、そんな素人の予測を簡単に裏切るスリリングな守備合戦が繰り広げられた。オランダのディフェンスラインは若い選手が多いので百戦錬磨のアルゼンチンのアタッカー陣に対応できないかと思っていたが、中盤の底からマンマークとゾーンを合わせたようなソリッドな守備は隙無し。

対するアルゼンチンはマスチェラーノが凄まじかった。マッチアップはほぼ全勝。マラドーナがアルゼンチン代表を率いた時の最初の会見で「私のチームはマスチェラーノと10人」とまで信頼していたのを思い出させる獅子奮迅の活躍。

グッドゲームの決着としてPKは残念だけど、2日続けて素晴らしい試合を見せていただきました。

f:id:hynm_ohshima:20140710121824j:plain