オマーン戦にまつわるエトセトラ

こんなに弱い相手にも一進一退の攻防になってしまうのが真剣勝負の怖いところか。

ラッキーなPKをもらい、ラッキーどころではないPKの見逃しを得ての2連勝。

今になって8年前にアジアを制した時の本田選手、香川選手、遠藤選手、ザッケローニ監督のすごさを改めて感じてしまうような内容だった。

今のところは不安しか感じませんが、どうか決勝までには良き試合がありますように。

f:id:hynm_ohshima:20190116215146j:plain

Instagramはこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

Twitterはこちらから。 / oshima takayuki twitter

 

トルクメニスタン戦にまつわるエトセトラ

さあ盛り上がるぞと前のめりで見ていたアジアカップ初戦は久しぶりに目を覆いたくなるような試合に。

引いて守る相手を中央からこじ開けようとして逆襲のカウンターを喰らい焦るというパターン...

右サイドの連携がほとんどなかったり、相変わらず選手交代が少なかったり、大迫選手頼りがより強まっていたりと不安は多々ありますが、

ここから約3週間はぶつぶつ言いながらも楽しませていただきます。

f:id:hynm_ohshima:20190116205632j:plain 

Instagramはこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

Twitterはこちらから。 / oshima takayuki twitter

 

2018年の備忘録として:ワールドサッカー編

想像以上にすごいものに出会った時、人は思わず笑ってしまうと思う。美味しいものを食べた時や、着心地の良い服に出会った時とか。それと同じことをサッカーで見せてくれたのがW杯ロシア大会のキリアン・ムバッペ。過去にも思わず笑ってしまうような凄いプレーを見せてくれる選手はもちろんいたけど、この選手は完全にニュータイプ。身体能力が違うなんていう使い古されたフレーズでは到底表現が出来ない、うそみたいな異次元のスピードでピッチを制圧する。まだ19歳。末恐ろしいどころではないスーパースターの誕生です。

同じくW杯でチームを準優勝に導いたモドリッチは長らく続いたメッシとクリスティアーノによるバロンドールの独占にとうとう終止符を打ったけど、受賞時のコメントがまたかっこよい。「過去10年は規格外の選手がこの賞を独占していた。その間も本来ならバドンロールを獲れたはずの選手はいた。それはシャビだったりイニエスタだったり、あるいはスナイデルもそうだった。だがそれは実現しなかった。」皮肉ではなく偉大なMFへのリスペクトが溢れていて、ピッチでのプレー同様に胸を打たれてしまう。

そのイニエスタはまさかの神戸へ移籍。まさかはまだまだ続き、リージョが監督に就任し、次シーズンからはビジャまで加入。そこにポドルスキまでいて来季はこの3人で3トップを組むとか。信じられないことが普通に起こる時代がJリーグにも来ました。三木谷さん、DAZNさん、ありがとうございます。

ヨーロッパではレアルがチャンピオンズリーグを3連覇したと思ったらジダンが突然退任してクリスティアーノはユーベヘ電撃移籍。モウリーニョは3年目でお約束の解任に追い込まれてしまい、UEFAネーションズリーグなるよくわからない大会も始まった。

まだまだ書ききれない事たくさんのワールドサッカーは、もう趣味とか好きとか越えてライフワークです。

f:id:hynm_ohshima:20181228143850p:plain

 

Instagramはこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

Twitterはこちらから。 / oshima takayuki twitter

 

 

2018年の備忘録として:サッカー日本代表編

開幕前にはあんなにも絶望的な気持ちになっていたけど、大会が終わってみればかつてない感動とエクスタシーを与えてくれる素晴らしい試合を見せてもらい、サッカーを追いかけてきて本当に良かったと心底思えたロシアW杯。

W杯で南米勢に初めて勝利、しかも圧倒したコロンビア戦。先制されながら、諦めずに2度も追いついたセネガル戦。初めてのベスト「8」進出を見据え大博打を打ったポーランド戦。世界中が絶賛したであろう壮絶な逆転負けを喫したベルギー戦。

どの試合も心臓がおかしくなるくらい痺れまくった。タラレバになるけど、ベルギー戦で本田選手のフリーキックが決まっていたら、自分は完全にイっちゃってました。(実際物凄いフリーキックで止めたクルトワが凄過ぎた。)

日本サッカー発展のために鬼となり、ハリルホジッチ監督更迭の英断を下したサッカー協会に拍手。勝負師の凄さを見せてくれた西野監督に拍手。ピッチで躍動した選手に、チームを鼓舞し続けた選手に拍手。こんなにも強く、魅力的な日本代表に携わった全ての人に拍手。

W杯後の森保監督就任(-23兼任!)は正直かなり?だけど、ここまでフレッシュな選手構成で日本代表を作り上げている。ここから日本代表史上、最も魅力的なチームが出来ていくのではないかという期待しかない。とりあえず年明けはアジアカップ。来年も楽しませてもらえそうです。

f:id:hynm_ohshima:20181219123124p:plain

Instagramはこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

Twitterはこちらから。 / oshima takayuki twitter

 

 

キルギス戦にまつわるエトセトラ

前戦から先発11名全員を入れ替えて臨むというかなり大胆な采配。

そのメンバー構成が誰の目にも1軍と2軍とに分けられたような印象を与えたことは、良くも悪くも次にどんな繋がりを見せるのだろう。

後半から1軍的な選手が登場するたびに待ってました的な雰囲気になるのは致し方無い気もするけど、チームとしては果たして...

アジアカップの目標設定がどこに置かれているのかわからないけど、そこに向けてのアプローチだということを願いたいです。

f:id:hynm_ohshima:20181205182336j:plain

 

Instagramはこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

Twitterはこちらから。 / oshima takayuki twitter

 

 

べネズエラ戦にまつわるエトセトラ

試合内容がどうのこうのと言う前に、選手を乗せたバスが渋滞で会場入りが遅れるなんて本当に今の日本を象徴しているようで試合前にテンションが下がってしまった...

それはまあともかくとして、日本の売りになりつつある前線の4人はこの試合でも出色の出来を披露。

サイドでの連携が少なく個人での打開に頼っているのは心配事項だけど、きっと監督はその辺りも修正ポイントとしていることでしょう。

相変わらず親善試合なのに交代選手が少ないのは気になりますが...

f:id:hynm_ohshima:20181205182056j:plain 

 

Instagramはこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

Twitterはこちらから。 / oshima takayuki twitter

 

 

我儘な店

我儘(わがまま):相手の意に反して、無理なことでも自分のしたいままにすること。

HERMESのビンテージジュエリー、bananayamamotoさんとコラボした限定作品、SUN/kakkeさんとコラボ、RAINMAKERさんとコラボ、まだ言えない新鋭ブランドの取り扱い、更に19年春夏にデビューする新ブランドの取り扱いとコラボ、などなどなど。

12月8日(土)奧渋にオープンを控えるセレクトショップWAGAMAMA TOKYOはそんな我儘全開の品揃えを仕込んでいるようです。

店名とは裏腹に、誠実で真面目なバイイングを行う金髪金髭の男が頑張っていますので、どうぞ宜しくお願いします。

f:id:hynm_ohshima:20181204174248j:plain