目には見えない大切なもの

出会いはスタイリスト袴田くんの紹介で個展を観に行ったこと。

あの時に作品と向かいあった感覚はそれまでにも、そして恐らくはこれからも感じることの出来ないであろう体験で、一瞬でこころ鷲掴みに。

角田みどりさんの撮る写真にはそういう何かがある。

唯一無二の今をフィルムに収める角田みどり写真館は、今週末の開催です。

 

**詳細とご予約は以下アドレスでお願いします。

walenode stand. 2 – 角田みどり写真館 

 

walenode stand.2 -写真館と珈琲とシャツと。-

日程:7月21日(土)・22日(日)

時間:10:00〜18:00

住所:東京都渋谷区富ヶ谷1-16-3 富ヶ谷ハイツ1F

問合せ:info@walenode.com

 

f:id:hynm_ohshima:20180719011445j:plain

 

 

Instagramはこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

Twitterはこちらから。 / oshima takayuki twitter

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

写真館と珈琲とシャツと。

ユニセックスのセーターブランドwalenode/ウェルノードが提案するwalenode stand.の2回目「写真館と珈琲とシャツと。」

内容は写真家角田みどりのフィルムによる写真館と、Café ROSTROのヒアリングドリップと、walenodeのオリジナルファブリックを使用したシャツと。

共通点は無い様に思えて三者三様に唯一無二。

猛暑が続く代々木公園で、熱いイベントになりそうです。

 

walenode stand.2 -写真館と珈琲とシャツと。-

日程:7月21日(土)・22日(日)

時間:10:00〜18:00

住所:東京都渋谷区富ヶ谷1-16-3 富ヶ谷ハイツ1F

 

f:id:hynm_ohshima:20180717220745j:plain

 

Instagramはこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

Twitterはこちらから。 / oshima takayuki twitter

 

 

 

保存保存

120分間の死闘を3試合続けて

ダークホースやジャイアントキリングが見せる痛快さが好きだけど、それは絶対的に強い対象が存在しているからこそ映えるというもの。

今大会で言えばブラジルとドイツが絶対的に強い対象だったけど、それぞれベスト8と予選リーグで負けてしまったので何だか拍子抜けしてしまった。

それでも好きな旧ユーゴ勢、クロアチアが初の決勝へと躍進しているのは嬉しい予想外。

ここまで来たらクロアチアがW杯を掲げるクライマックスを望んでいます。

f:id:hynm_ohshima:20180714150804j:plain

 

 

Instagramはこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

Twitterはこちらから。 / oshima takayuki twitter

 

 

保存保存

ベルギー戦にまつわるエトセトラ

西野監督のもとでチームが始動したのは5月21日。3戦全敗で予選敗退という厳しい予想が多い中、約1ヶ月という本当に限られた準備時間の中でベスト16へ進み、ベスト8まであと一歩というところまで迫った。最後は衝撃的に残酷な幕切れではあったけど、日本らしさを表現し、可能性を示し、未来につながるサッカーを行った日本代表は最高に魅力的だった。

アジア勢史上初めて南米勢に勝利したコロンビア戦。日本史上初めて2度のビハインドを追いついたセネガル戦。W杯史上屈指のひどい試合と言われても仕方のないポーランド戦。そして、最高の試合を演じこれ以上ないほどドラマチックに敗れ去ったベルギー戦。

ベスト8へ進めなかったことは残念だけど、サッカーの魅力を再認識させてもらえました。日本代表の皆さん、幸せな時間をありがとうございました。今まで以上に好きになっちゃいました。

ロシアW杯もあと約2週間、残された試合をたっぷり楽しませていただきます。

f:id:hynm_ohshima:20180703135515j:plain

 

Instagramはこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

Twitterはこちらから。 / oshima takayuki twitter

 

 

保存保存

次元の違う選手

今までの誰にも似ていない、新しい次元で勝負する選手が誕生した。

驚異的なスピードでピッチを疾走するフランス代表の10番はそんな感じがした。

クリスティアーノ・ロナウドがユナイテッドで右サイドを制圧し始めた時や、メッシがバルセロナで自由に動き始めた時のような、次世代の騎手になるようなオーラがすでに溢れている。

キリアン・エムバペ19歳、伸び代しかないですねえ。

f:id:hynm_ohshima:20180701174205j:plain

 

Instagramはこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

Twitterはこちらから。 / oshima takayuki twitter

 

 

保存保存

ポーランド戦にまつわるエトセトラ

「これまではすべてを出し尽くしてベスト16に向かった。今までとは違う。自信を持って行かせたい」

なかなか本音を漏らさない西野監督が試合後のインタビューで語った言葉。

 

このインタビューとポーランド戦のスタメンから感じることは、きっと西野監督が見ているのは「ベスト16に進出すること」ではなく、「ベスト16で勝利すること」。そして日本史上初のベスト8へ進出すること。単体で見ると確かに退屈で面白みの欠片も無い試合だったけど、グループリーグを大枠で捉えて信じられない大胆な采配を仕掛けたのはその為だろう。

誰よりも攻撃的に戦いたいと願い実践してきた西野監督が、日本サッカーを未開の地に導く為に試合も信念も殺してまで取った選択。勝ちこそ得ることはできなかったけど、見事にベスト16入りを決めることに成功した。肝の据わったすごい監督だと思う。

次戦は7月2日深夜のベルギー戦。大いに期待してテレビの前に座ります。

f:id:hynm_ohshima:20180630005202j:plain

 

Instagramはこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

Twitterはこちらから。 / oshima takayuki twitter

 

 

 

保存保存

セネガル戦にまつわるエトセトラ

これが「伸びしろですねえ」というやつなのか。

初戦よりも更にチームは進化して、プレーも采配もまさに神懸かったかのよう。

圧倒的な体格差を埋める、まさに"柔よく剛を制す"という試合を見せてもらえた。

次戦も日本の"らしい"サッカーに期待して、テレビの前に座ります。

f:id:hynm_ohshima:20180625173327p:plain

 

Instagramはこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

Twitterはこちらから。 / oshima takayuki twitter

 

 

 

保存保存

保存保存

保存保存