あれから28年

90年イタリア大会でストイコビッチに魅せられてからユーゴスラビアのサッカーが好き。

当時のチームを率いていたのがオシム監督だったことを知り余計に惹かれ、木村元彦氏の著書「誇り」「オシムからの旅」を読んでその想いはより特別なものになった。

ゴラッソと賞賛されているアルゼンチン戦のモドリッチのゴールが、90年大会のアルゼンチン戦で決めたストイコビッチのゴールとイメージが被るのは自分だけではないはず。

あの時はストイコビッチマラドーナ、今はモドリッチとメッシ、あれから28年も経っているのか...

f:id:hynm_ohshima:20180623000427p:plain

 

日々の情報はこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

ニュースキュレーションのようなつぶやきです。 / oshima takayuki twitter

 

 

保存保存

コロンビア戦にまつわるエトセトラ

この興奮はW杯でしか味わえない独特のもの。

何でこんなに激しく感情が揺さぶられるのかはわからないけど、いわゆるノーリーズンというやつなのでしょうか。

もう涙腺崩壊で感情爆発で全身筋肉痛でエクスタシー。

少しでも長くこの状態を楽しませてください。

f:id:hynm_ohshima:20180620092937p:plain

 

日々の情報はこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

ニュースキュレーションのようなつぶやきです。 / oshima takayuki twitter

 

 

 

保存保存

保存保存

イタリアもオランダもアメリカもいない

おそらく最後のW杯になるであろうメッシとロナウドは何を魅せてくれるのだろう。

新しいスター、スタイル、ドラマはどこから生まれてくるのだろう。

そして過去最高に悲観視されている我らが日本代表は...

月並みだけど、楽しみの尽きない1ヶ月の開幕です。

f:id:hynm_ohshima:20180615134808j:plain

 

日々の情報はこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

ニュースキュレーションのようなつぶやきです。 / oshima takayuki twitter

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

パラグアイ戦にまつわるエトセトラ

西野監督体制3戦目にしてようやく可能性のあるゲームが披露された。

機動性の高いパスサッカーとでもいうべきこのスタイルを見ると、やはりこれが日本にあったスタイルなのだと思う。

対戦相手のパラグアイがうんぬんという声はある様だけど、これからもっと良くなっていくことを示した試合であることは間違いない。

4年に一度のW杯、初戦に向けてテンションが上がってきました。

f:id:hynm_ohshima:20180614223251j:plain

 

日々の情報はこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

ニュースキュレーションのようなつぶやきです。 / oshima takayuki twitter

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

スイス戦にまつわるエトセトラ

日本サッカーの日本化。

たらればの話になってしまうけど、オシム元日本代表監督の残した言葉の本質を捉え実践してきたら、こうはなっていなかったのではないだろうか。

日本はアウトサイダーということを自覚し、トレンドやセオリーではなく、日本にしか出来ないサッカーを作るということをヴィジョンを持って行っていたら...

W杯はこのまま臨むのか、はたまたとんでもない秘策・奇策が待っているのか。

日本代表のことはどうしたって応援するのだから、どうせだったら楽しみたい。

f:id:hynm_ohshima:20180610120031p:plain

 

日々の情報はこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

ニュースキュレーションのようなつぶやきです。 / oshima takayuki twitter

 

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

And around ITTY-BITTY

自分が大切にしているものは、かたちの無いものが多いようだ。

感受性、興奮、筋、ざわつき、グルーブ、雰囲気、などなど。

この感覚と近しい人と行う仕事は、物質から解放されたような価値観の中で進行することができるような気がする。

服に関わることを生業としているのに不思議な気はするけど、ITTY-BITTYの仕事はそんな出会いがいくつもあって、共鳴の響きに震えることが何度もあった。

先日出会った学生に「なんでこの仕事をしているのですか?」と聞かれて考えてみたことだけど、これが僕からの回答です。

f:id:hynm_ohshima:20180420153932j:plain

 

保存

ブランド情報はこちらから。 / ITTY-BITTY Instagram

 

ブランド情報はこちらからも。 / ITTY-BITTY Twitter

 

日々の情報はこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

 

 

ローマは一日にして成らず

あの何とも言えない、テレビからでも伝わるスタジアムを包む圧倒的な興奮。

大好きな04/05CL決勝、ミランvsリバプールを彷彿とさせる雰囲気。

攻撃的で高度な戦術を実践したローマの凄まじいサッカーは、一朝一夕にできるものでは無い。

これがあるから、サッカーは止められない。

f:id:hynm_ohshima:20180418100725j:plain

 

ブランド情報はこちらから。 / ITTY-BITTY Instagram

 

ブランド情報はこちらからも。 / ITTY-BITTY Twitter

 

日々の情報はこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

 

 

保存保存

保存保存