I3 ITTY-BITTY et Edifice / Autumn winter 2017

72シーズン目となりました I3 ITTY-BITTY et Edifice。

サーティーン イッティビッティ エ エディフィス と読みます。

嘘みたいにハイクオリティな生地で、何度もトワル作って、丁寧に作りました。

袖を通していただくと、きっと笑顔がこぼれます。

f:id:hynm_ohshima:20171006133355p:plain

 

 

 

 

保存

じっくり確実に進むよ。 亀のように。

海外組の誰がゴールを決めても、スポーツニュースのトップどころか、ニュースとして取り上げられることも少なくなった。

少し寂しい気もするけど、少々の活躍は日常になったということなのだろうか。

本田さんのドリブルからのミドルは力強く、香川選手のループは天才的で、岡崎選手は逆境での強さを披露。

屈辱を知るベテラン勢は、きっとそれぞれのペースで本番に照準を合わせている。

f:id:hynm_ohshima:20170930232811j:plain

 

 

 

 

お金でゴールは奪えない

自国リーグの有望選手をあれだけ取っておいてこんなこと言い出すなんて

何だかバイエルンらしくないなと思っていたら案の定。

不仲が噂された2人と18歳の怪物にまんまとやられてしまった。

何もかもしっくりこない印象のバイエルンも心配だけど、ムバッパ半端ねえ。

f:id:hynm_ohshima:20170928113856j:plain

 

 

 

 

驚愕のサンダーボルト

まさにゴラッソと呼ぶに相応しいスーパーゴールを披露した柴崎選手。

レアルやバルサといった超一流チームからゴールを決めることで勝負強さを見せつけ、

海外移籍当初に心配されていた精神的な弱さなど微塵も感じさせなくなってしまった。

現地ではその活躍を孫悟空と重ねたこんな画像が出回っているらしいが、この辺もメンタルが強くなった一因なのか...

f:id:hynm_ohshima:20170919152024j:plain

 

www.instagram.com

サウジアラビア戦にまつわるエトセトラ

環境面とかモチベーションとかいろいろあるのだろうが、不安感を煽る試合だった。

監督が就任して2年以上も経つチームにはとてもじゃないけど見えない。

中心選手もわからないし、単純に弱くなってるんだよな...

W杯で期待するのは大会のダークホース的存在なんだけど、ちょっと難しそうかな。

f:id:hynm_ohshima:20170907163000p:plain

 

 

 

 

Jリーグ歴代最強助っ人ランキング

FOOT×BRAINが発表したJリーグ歴代最強助っ人ランキング、1位はみんな納得のジーコ

全盛期をリアルタイムで知らない自分にも、Jリーグ創設期に見せてくれたプレーは今も色濃く記憶に残っている。

そういえばヴェルディとの試合ではPKの判定に異を唱えて、ボールに唾を吐きかけて退場になったっけ。

生ダラのP.K戦でも超本気、勝負事に対する執着の大切さも教えてくれました。

f:id:hynm_ohshima:20170904231047j:plain

 

 

 

 

保存保存

保存保存