エルサルバドル戦にまつわるエトセトラ

タッチライン際で中島選手と並んで選手交代を待っている姿が未来の象徴のように見えた。

この先はこの2人が代表の攻撃を牽引してくれるのだなと予感させてくれる素晴らしいシーンだったと思う。

短い出場時間で見せてくれた高い技術と独特の間は、所謂天才と呼ばれる選手だけが持つ特別なそれ。

どうか、南米選手権で久保くんさんに怪我が無いことを願っています。

f:id:hynm_ohshima:20190610213302j:plain

 

 

 

トリニダード・トバゴ戦にまつわるエトセトラ

「移籍騒動もありプレッシャーがかかっている。少し緊張の糸を緩めながら先に進めた方がいい。」

これが年代別代表を飛び級させてA代表を経験させようとしている選手に監督が言うセリフか...

百歩譲って普段なら理解しようとするけど、今回はU-20の世界大会を犠牲にしてまでの招集だけに...

こりゃあ健太監督からの呼び出し確定ですな。

f:id:hynm_ohshima:20190606123441j:plain

 

 

 

新しいは、難しい。

約1年前に、7年間心血を注いだブランドを離れることになって。

仕事量が軽くなり時間が増えたせいなのか、色々なことに敏感になった。

最初は精神的にもちょっと大変だったけど、この年齢になって改めて、考える、感じるという人間らしさの大事さを再確認するいい時間になったのだなと思う。

それから、人の優しさとありがたさも。

これは挙げていったら枚挙に暇がないけれど、何度も涙腺決壊寸前でした。

 

RAKINES / ラキネス

あなたと私が自由になれるように。

そんな気持ちを込めて作ったブランド

新しいことは難しいけど、やっぱり楽しい。

f:id:hynm_ohshima:20190524175659j:plain

 

 

 

平成のベストイレブン

最近よく見かける「平成のベストイレブン」を誰に頼まれた訳でもないけど日本代表でやってみる。暇潰しのつもりで考えてみたら、これが「選手で」「チームで」「戦術で」「代表の実績で」などなど切り口が多く思いの外はまってしまう。今回はそれらを総合的に捉えて、ある種オールスターチーム的な日本代表を。以下、敬称略でご容赦ください。

 

FW:三浦知良

MF:中田英寿 本田圭佑 中村俊輔 香川真司 長谷部誠

DF:田中マルクス闘莉王 吉田麻也 長友佑都 内田篤人

GK:川口能活

監督:西野朗

 

フォーメーションは日本最大の武器、中盤を最大限に活かすべく4-1-4-1(実際に代表ではそんな布陣みたことがないけど)。2010年W杯のスペイン代表なイメージで、中盤の底は長谷部。前の4人は左右のポジションチェンジを繰り返しながら、中田には状況に応じて上下にも動いてもらうのが理想的。監督はアトランタ五輪で勝負強さを、ロシアW杯ではいわゆる日本らしいサッカーを見せてくれた西野監督

ベンチまで考えてしまうとイレブンではなくなってしまうし本当にきりがないけど、実際は交代選手やコーチまで考えてしまう始末。実際にもう1チーム作ってしまったのでそれはまたの機会に見てやってください。今回のベストイレブン、中学高校と授業中に何度となく理想のチーム、フォーメーションを書いてきたことを思い出し、懐かしい気持ちにもなりました。振り返るって普段あまりしないけど、いい行為かもしれませんね。

f:id:hynm_ohshima:20190424111841j:plain

 

 

バルサ化はどこへ行くのやら

ファン・マヌエル・リージョがヴィッセル神戸の監督に就任。

サッカー好きとして、なかなかに心ときめかされるニュースであった。

ファン・マヌエル・リージョがヴィッセル神戸の監督を「辞任」。

サッカー好きとして、なかなかに心を折られるニュースであった。

f:id:hynm_ohshima:20190425232811p:plain

 

 

 

彼は水を飲むべきだった

イングランド代表のサッカー選手が飲酒運転で逮捕というニュース。

ここまではそんなに珍しい話ではないんだけど、

その選手の名前が「ドリンクウォーター」という嘘みたいな本当の話...

海外のサッカーファンの間では皮肉な大喜利が展開されているようだけど、そりゃあまあそうなりますよね。

f:id:hynm_ohshima:20190415185427j:plain

 

天賦の才を受け継ぐ

ジョアン・メンデスとは、将来を嘱望されている14歳のサッカー選手の名前。

そのような選手は世界にたくさんいるのだけど、これがロナウジーニョの息子となれば注目度は別次元に高くなる。

二世選手はもちろん生まれ変わりではないから父と同じプレーは望めないけれど、やはり何かのスペシャルを期待してしまうもの。

近い未来にジャスティン・クライファートと3トップなんか形成されちゃったら、それはもうたまりませんね。

f:id:hynm_ohshima:20190408111208j:plain