イタリアもオランダもアメリカもいない

おそらく最後のW杯になるであろうメッシとロナウドは何を魅せてくれるのだろう。

新しいスター、スタイル、ドラマはどこから生まれてくるのだろう。

そして過去最高に悲観視されている我らが日本代表は...

月並みだけど、楽しみの尽きない1ヶ月の開幕です。

f:id:hynm_ohshima:20180615134808j:plain

 

日々の情報はこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

ニュースキュレーションのようなつぶやきです。 / oshima takayuki twitter

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

パラグアイ戦にまつわるエトセトラ

西野監督体制3戦目にしてようやく可能性のあるゲームが披露された。

機動性の高いパスサッカーとでもいうべきこのスタイルを見ると、やはりこれが日本にあったスタイルなのだと思う。

対戦相手のパラグアイがうんぬんという声はある様だけど、これからもっと良くなっていくことを示した試合であることは間違いない。

4年に一度のW杯、初戦に向けてテンションが上がってきました。

f:id:hynm_ohshima:20180614223251j:plain

 

日々の情報はこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

ニュースキュレーションのようなつぶやきです。 / oshima takayuki twitter

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

スイス戦にまつわるエトセトラ

日本サッカーの日本化。

たらればの話になってしまうけど、オシム元日本代表監督の残した言葉の本質を捉え実践してきたら、こうはなっていなかったのではないだろうか。

日本はアウトサイダーということを自覚し、トレンドやセオリーではなく、日本にしか出来ないサッカーを作るということをヴィジョンを持って行っていたら...

W杯はこのまま臨むのか、はたまたとんでもない秘策・奇策が待っているのか。

日本代表のことはどうしたって応援するのだから、どうせだったら楽しみたい。

f:id:hynm_ohshima:20180610120031p:plain

 

日々の情報はこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

ニュースキュレーションのようなつぶやきです。 / oshima takayuki twitter

 

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

And around ITTY-BITTY

自分が大切にしているものは、かたちの無いものが多いようだ。

感受性、興奮、筋、ざわつき、グルーブ、雰囲気、などなど。

この感覚と近しい人と行う仕事は、物質から解放されたような価値観の中で進行することができるような気がする。

服に関わることを生業としているのに不思議な気はするけど、ITTY-BITTYの仕事はそんな出会いがいくつもあって、共鳴の響きに震えることが何度もあった。

先日出会った学生に「なんでこの仕事をしているのですか?」と聞かれて考えてみたことだけど、これが僕からの回答です。

f:id:hynm_ohshima:20180420153932j:plain

 

保存

ブランド情報はこちらから。 / ITTY-BITTY Instagram

 

ブランド情報はこちらからも。 / ITTY-BITTY Twitter

 

日々の情報はこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

 

 

ローマは一日にして成らず

あの何とも言えない、テレビからでも伝わるスタジアムを包む圧倒的な興奮。

大好きな04/05CL決勝、ミランvsリバプールを彷彿とさせる雰囲気。

攻撃的で高度な戦術を実践したローマの凄まじいサッカーは、一朝一夕にできるものでは無い。

これがあるから、サッカーは止められない。

f:id:hynm_ohshima:20180418100725j:plain

 

ブランド情報はこちらから。 / ITTY-BITTY Instagram

 

ブランド情報はこちらからも。 / ITTY-BITTY Twitter

 

日々の情報はこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

 

 

保存保存

保存保存

そもそも主語が違う

ここに来てハリルホジッチ監督擁護派の意見がたくさん出てきてとても驚く。

確かにタイミングの是非はあるけれど、自分はそれでも今回の決断には賛成派。

ハリルホジッチ監督のアプローチは「弱小国が強豪国に勝つためのスタイル」

自分が見たいアプローチは「日本が強豪国に勝つためのスタイル」

いい悪いではなく、ハリルホジッチ監督のアプローチとはそもそも主語が違う。

オシム監督が提唱した「日本サッカーの日本化」というテーマに、監督は変えても継続的に取り組んで欲しいと願っているのは自分だけでは無いはず。

「自分たちのサッカー」とか「BIG3」などと茶化さずに、持っている強み(中盤・規律・勤勉・俊敏生etc...)を極端に特化させるようなアプローチのサッカーを見せて欲しい。

今すぐにではなくても、今後の日本代表に。

f:id:hynm_ohshima:20180416191248j:plain

 

ブランド情報はこちらから。 / ITTY-BITTY Instagram

 

ブランド情報はこちらからも。 / ITTY-BITTY Twitter

 

日々の情報はこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

 

 

保存保存

保存保存

特別なノスタルジー

学生時代から足繁く通ったEDIFICE TOKYO(渋谷店)さん。

当時は2階にプレスルームがあって、赤いブラインドや隙間から見えるデスクに憧れたり、明治通り沿いでタバコ休憩しているスタッフさんを見て大人を感じたり、アメカジやモードとは一線を画すスタイルに感嘆したりと、多くの楽しみをもらったお店。

自分の中では特別なこのお店で、ITTY-BITTYではあまり取り組んだことの無いPOP UPイベントを開催させていただくことになりました。

特別なお店での特別なイベント、会期中のみの特別な品揃えをご用意しています。

 

I T T Y - B I T T Y  P O P  U P  S T O R E

日程:4月7日(土) → 15日(日)

会場:EDIFICE TOKYO (渋谷店)

住所:東京都渋谷区神宮前6-23-3

時間:11:30 → 21:00

f:id:hynm_ohshima:20180410153012j:plain

EDIFICEさんの情報はこちらから。 / EDIFICE Instagram

 

ブランド情報はこちらから。 / ITTY-BITTY Instagram

 

ブランド情報はこちらからも。 / ITTY-BITTY Twitter

 

日々の情報はこちらから。 / oshima takayuki Instagram

 

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存